訪問看護ステーションはなもものリハビリサービスについてのご案内です

リハビリの実績

平成28年4月に開設して以下の方々のリハビリを行いました。

 

骨疾患がある方 脊柱管狭窄症、胸椎圧迫骨折、腰椎圧迫骨折、腰痛症、変形性足関節症、変形性膝関節症
機能障害がある方 嚥下障害
身体障害、難病の方 筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、黄色靭帯骨化症
その他 廃用症候群によるADL低下

リハビリメニュー一覧

日常生活を送る上で、行える選択肢を増やしていくことを観点で、3つの力にアプローチしていきます。

回復する力 病気や怪我により、失われた力を回復します。
今ある力 今できることを工夫して、行える範囲を広げます。
代わりの力 上記で限界がある場合は、他の方法で行える範囲を広げます。
日常生活のリハビリテーション 起き上がる・立ち上がる・歩くなどの機能回復
腕や足の関節の動きの改善
筋力低下に対する筋力増強訓練
食事する・お風呂に入る・トイレに行くなどの動作の改善
こころのリハビリテーション  感覚・知覚・認知する力の改善・訓練
代替えの方法等の訓練・提案 利き手変換訓練
代替動作の獲得訓練
代替手段の提案
自宅でのトレーニングの立案や助言 自主トレーニングのアセスメント
オリジナルプログラム作成
福祉用具や住宅改修の相談 福祉用具の使い方の訓練
家屋環境調整
福祉用具導入の提案
介護者へのアドバイス 介護動作、介護方法の助言

 

気持ちのリハビリテーション

自分で行えることが少なくなると、意欲も落ち込みます。

しかし、行えることもまだまだあるのです。行える動作を少しずつ確認していくことで、自信がつきます。ちょっと練習することで、行えることがもっと増えます。

小さな目標を持つことで、意欲も取り戻せるようにお手伝いを行っていきます。

からだのリハビリテーション

病気や加齢により失われた力を、訓練により高めていきます。

歩く・立つといった基本的なこと、洗濯、掃除などのちょっと複雑な動作など、うまくできるようにしていきます。

それでも、できないことがあります。

その場合は、他の方法で行えるか提案していくこともできます。

頑張りすぎないリハビリテーション

リハビリでは痛みも伴うイメージもあるかもしれません。しかし、身体に負担をかけすぎることで、本来の回復力を阻害してしまうことがあります。

リハビリテーションを効果的にするために、運動を行った後は適度な休息をすすめています。

頑張りすぎないことで、長く続けられるリハビリテーションを提供していきます。

理学療法と作業療法について

理学療法士

Physical Therapist(略してPT・ピーティー)

理学療法を行うリハビリの専門職(国家資格)です。体を起こす、立ち上がる、歩くなどの基本的な体の動作を専門的にリハビリします。
理学療法には、訓練などの「運動療法」と電気・温熱・光線などを使った「物理療法」があります。
在宅リハビリでは、主に「運動療法」を行います。

作業療法士

Occupational Therapist(略してOT・オーティー)

作業療法を行うリハビリの専門職(国家資格)です。「作業療法」の「作業」とは、お風呂に入ったり、トイレに行ったり、家事をしたり、趣味をしたり、社会活動したり、こういった生活での活動のことを「作業」と言います。
こうした「作業」の身体面の訓練を行うだけでなく、感覚・知覚・精神・認知による障害のリハビリテーションも行えます。