ご家族が末期がんとわかって、ご自宅で介護を行おうとする方に向けて「家族ができること」をご提案します

ご家族が、病院の先生から、がんの治療はもうないので、家に戻った方が良いと言われました。

家に戻ってきてから、どう接すれば良いのか、家族として何を行えば良いのか悩みますよね。

そんなご家族に読んでいただければと思います。

まずは、本人の気持ちを知る

末期がんであることを分かったご本人が、どういう気持ちでいるのかを想像してみてください。

気持ちを他の人に知ってもらうだけでも、安らぐことがあります。

家族だからこそ、言えること、家族だから聞いてほしいこともあります。

死ぬことがわかってからの人の気持ち

  • 先生から見放されたという絶望
  • やり場のない怒り
  • 悲観になげき、何もしたくない
  • 病院でやることがないのなら、住み慣れた自宅に帰りたい
  • 自宅で好きなことをやりたい
  • 残された家族の事や仕事のことが心配

人によって、いろいろな思いや気持ちがあります。

気持ちは日々かわるもの

人の気持ちは、天気のようにくるくると変わるものです。気持ちが安定している時もあれば、不安定な時もありますよね。

体調や環境の変化でも、気持ちは変わります。末期がんの方は、特に気持ちが変わることが多いです。

後悔のないようにする、どうしたいのか知る

本人が思っていることを聞いてみてください。

やっておきたいこと、やり残したこと

最後はどうしたいかなどです。

気分が安定している時など聞けそうでしたら、聞いてみてください。ご本人から言ってくる場合もあります。

無理に聞けない場合は、普段の発言や行動から察してみてください。

 

ラーメンが食べたい

お風呂にはいりたい

ちょっと行きたい場所がある

話をしておきたいことがある

何もしなくていいから家が一番いい

と色々な思いがあると思います。

家族は介護よりコミュニケーションを大切に

家族が介護できるのであれば介護した方が良いです。

でも、家族は介護よりもコミュニケーションを優先してほしいと思います。

それは、介護疲れが本人との関係を悪くするからです。

 

歩けなくなると、介護負担は大きくなります。

昼も夜も介護で休む間がなくなると体も心も余裕がなくなります。早く解放されたいと思うようになっていまいます。

介護疲れで、家族と関係が悪くなるのは、本人にとってつらいことです。

 

介護は専門家、痛みも専門家に任せる

介護は、専門家に任せた方が良いです。ヘルパーやデイサービスやショートステイなど積極的に利用した方が良いです。

痛みが出てくると、ご本人もご家族も不安になるので、訪問診療や訪問看護を積極的に利用しましょう。

 

その分、ご家族はしっかりと休んでほしいと思います。

そして、大切な日々を、家族だからできることを行ってほしいと思います。

 

家族だからできること

専門家ではできないこと、家族だからできることがあります。

それは、本人の寂しさに対する安心感はないでしょうか

 

家族が安心感につながる理由は、家族は気兼ねしない存在だからです。

あくびや、ごろ寝、トイレに行く姿など、他人の前ではちょっと恥ずかしいですよね。

でも、家族だと気にしないでいられますよね。

 

体が弱っていく中、弱る姿を人に見られたくないです。

でも、体が弱ってくると寂しいので、人にいてほしいと思います。

 

そんな時、一緒にいてほしいと思える人は家族でないでしょうか?

家族だからわかること

専門家にはわからないけど、家族だからわかることもあります

 

それは、思い出です。

知人や親戚の誰かだったり、行った場所だったり、出来事だったり。

時間と行動を一緒にしていた分、一緒の思い出があります。

思い出話に花を咲かせられるのは、家族です。

 

色々と思い出を振り返るなかで、色々な思いが湧きあがってくると思います。

そのことは、人生をまとめていく上で大切なことだと思います。

 

それは、色々な思い出に「ありがとう」を見つけられることです。

そして、家族にも「ありがとう」がたくさん見つかると良いなって思います。

最後に 悲しみは人だから癒せる

死を前にして、色々な気持ちや思いがめぐると思います。別れの悲しみは、ご本人も家族もどちらも持っていると思います。

悲しみは人が作り出したものだと思います。そして人が作り出した悲しみを癒せるのも、人なのではないでしょうか。

寄稿・絵:塚田

おすすめの記事