足立区で訪問看護、訪問リハビリを提供しています

管理者メッセージ

訪問看護ステーションはなもも管理者より、訪問看護のやりがいについて

 

管理者メッセージ

左・猪狩看護師 右・樋口管理者

私が目指していること

私の原点はマザーテレサです。

どんな人でも、亡くなる時はみな平等なので、最期も人間らしく幕を引かせてあげたいと思います。

大きなことでなくても、小さなことでも本人が求めていることに丁寧に応えていくことが、尊厳を守るということではないかと思います。

どの人にもどんな時も自分の人生を大事にしてもらいたいと思います。

訪問看護の良さ

医療制度が変わって病院で亡くなる機会が減って、ご自宅で最期を迎える人が増えています。

でも、自宅で看取る環境が整備されないままで、もう自宅では看たくないというような体験は増えてほしくないと思います。

人間らしい最期が迎えられる環境が整っていて、自宅で看取って良かったなと思う「ご自宅での看取りの成功体験」が増えてほしいと思います。

そして、家族も周りの方も自分の時も「じゃあ自宅で」と思えれば良いと思います。

訪問看護のやりがいは、こうした「成功体験」を作っていけるからです。そして「来てくれてありがとう」と言ってくれる方やご家族がいるから頑張れています。

 

働く方へのメッセージ

私自身も電話対応がいまだに苦手です。

また人と交渉するのも苦手で、他の看護師で電話対応が上手な方、人とのやり取りが上手な人がいるので、助かっています。

訪問看護ステーションはなももの仕事が回っているのも、そうしたスタッフのおかげと思っているので、自分も自分でできることでフォローしていこうと思っています。

これから入職してくれる仲間にもどうしても苦手なことは無理はしない分、自分ができることを行って、他のスタッフをフォローしていってほしいと思います。

もし、苦手でも仕事の上で行っていかないといけないこともありますが、少しずつとか、全部でなく一部だけとか、それぞれで助け合い協力できるステーションでありたいと思います。 

訪問看護のやりがい

訪問看護のやりがいは、病気の治療だけでなく、その方の生活や人生にもかかわることです。いわゆる病気を見るだけなく、その人を見ることです。

病気や障害により、介護や医療が必要な状態となっても、いつか訪れる人生の「終焉」まで、その方や周りの方が「人生の意味や生きている存在価値」を見失うことなく、「生きる喜び」を感じて「穏やかに生活できる」ことを支援していくことをミッションとしています。

そのため、支援するスタッフの人生や仕事が充実していることも必要と考え、スタッフが「働きがい」を持って働ける職場を目指しています。

PAGETOP
Copyright © 訪問看護ステーションはなもも All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.