訪問看護で必要なスキル

訪問看護で必要なスキル

訪問看護で必要なスキルの目次

訪問看護が行うこと訪問看護のスキルとは

What skill訪問看護の看護師に求められるスキル

訪問看護が行うこと

訪問看護では、点滴やカテーテルの管理などを看護師が行います。
そういった医療的なこと以外にも、訪問看護が行うことがあります。

それは、看護師がいない時間のことを考え、本人や家族で対処できるようにすることです。
看護師が訪問した時だけ、「良ければ良い」という訳ではありません。

訪問看護が行くのは30分から60分程度です。看護師がいない時間の方が多いのです。

こういったことがあった時にどのように対処するのか、今後どのような症状が出現できるのか、
そういったことを分かりやすく、利用者さんや家族に説明していくことが必要です。

 

療養上の課題を見る

本人や家族を知る

まず、本人や家族が、病気をどう自覚しているのか、どのくらい自己管理できるのか把握します。

次に、本人や家族の価値観を知ります。
どういった生活を望んでいるのか。その生活の中で、どの程度までの医療サービスを望んでいるのかです。
在宅では、医療は選択されるサービスのうちの1つです。

 

生活環境を知る

生活状況と生活環境を確認していきます。

生活状況は、食事をどれくらい食べているか、買い物はどうしているか、薬はどう管理しているかなどです。
生活環境は、換気はできているか、冷暖房があるか、部屋は清潔であるかなどです。

当たり前と思うかもしれませんが、高齢者の生活状況と生活環境は整っていないこともあります。

 

将来のリスクを考える

本人や家族、生活状況などを組み合わせて、これからの病状や生活がどうなるか予想します。

それは、

  • 病状が悪化しないか
  • 廃用性の懸念はないか
  • 皮膚トラブルが発生しないか
  • 転倒などの事故はないか
  • 服薬の間違いが起きないか

などです。

その上で、どうアドバイスするか、どこをサポートすれば良いか考えます。

 

ご本人、ご家族の価値観で考えることを支援する

看護師は、療養上の課題や必要な助言を、本人と家族に伝えていきます。

ただ伝えるのではなく、本人と家族が理解できることが大切です。
なぜなら、本人や家族は病気に詳しくないからです。

その上で、どうするかは本人や家族が決めます。
訪問看護師は決めません。決めなくて良いのです。

本人や家族が、最善の方法で決められるように支援していくことが大切です。

 

訪問看護のスキルとは

 
信頼

訪問看護ステーションはなももが必要だと思うスキルは、信頼です。

看護技術や臨床経験も大切です。ただ、技術や経験は、座学と実践の繰り返しで向上します。
そのためには、長く訪問看護を行うことが大切です。

訪問看護は、本人・家族だけでなく、医師やケアマネージャーなど関わる人が多いです。
多くの人の中で、仕事していけるのは、信頼です。

 

訪問看護を長く続けられるためには

信頼されるためには、以下のことが必要と考えます。

信頼されるために必要なこと

  • 小さな約束を守ること(訪問時間を守る、今度○○しますねと言ったことを忘れない。)
  • 相手の言葉、気持ちを聞くこと(ただ話を聞くだけでなく、どういう気持ちが考える。)
  • 相手にわかりやすく丁寧に説明できること(利用者さんは医療者ではありません。①理解できる言葉と②理解できない言葉に気をつけます。)

 

本人と家族からの信頼

本人や家族は、「看護技術」や「臨床経験」では、良い看護師かどうか判断できません。
何人もの看護師の処置を見ることである程度わかる場合もありますが、基本的には処置の内容が適切かどうかわかりません。
本人や家族が良い看護師か判断するのは、コミュニケーションだったりします。

「普段から話をよく聞いてくれる、わかりやすく丁寧な言葉で声をかけてくれる」といったことが、良い看護師の条件だったりします。

良くない看護師と思われないようにするためには、小さな約束を守ることです。
次回の訪問で何をすると約束することを守る、訪問時間を守るなどです。

看護と関係ないことですが、些細なことであっても、そういったことをおろそかにすると、信じてもらえなくなります。

例えば、レストランに行って、注文した一品がこない(約束することを守れない)、
注文した食事が30分以上経っても来ない(訪問時間が遅い)、
そういったことを店員さんが平気に行っていたら、そういうレストランにまた行きたいと思うでしょうか?

信頼を得るというのは、実はそういった小さな約束を守ることです。
もともと、利用者さんや家族を尊重していれば、小さな約束も大事にでき、信頼につながっていきます。

 

医師やケアマネジャーとの関係

訪問看護だけで、本人や家族の在宅生活をサポートする訳ではありません。
在宅の生活は、その方の価値観、家族などとの関係性、自宅の環境、経済的理由など、色々なことが影響し合っています。

家族や地域の方などの専門職以外の人たち、主治医やケアマネジャーなどの専門職で、チームでその方の生活を支えていきます。

かかわる人たち

  • 本人の親族、兄弟、代理人の後見人、近所の人、お店の人…
  • 訪問介護のサ責、デイサービスの相談員、訪問入浴介護のスタッフ、福祉用具専門相談員…
  • 行政職員、福祉事務所の職員、地域包括支援センターの職員、民生委員…
  • 医療相談員や薬剤師、病院の看護師…
  • 犬や猫、金魚などのペット…(人ではない…)

なので、いくら医療的に正しいことであっても、看護師として、一方通行なコミュニケーション、上意下達なコミュニケーションでは、チームの1員にはなれません。

色々な状況を理解して、判断していくのは、多くの方の話を聞くことが大切です。その上で、生活状況に合わせて、望ましい医療的な判断を助言していくことが必要です。

やはり、チームとして信頼関係を作っていくにも、相手を尊重できるコミュニケーションが必要と言えます。

 

おススメのコンテンツ

体験会・事前相談会