訪問看護の仕事

訪問看護の仕事
 

About Work訪問看護の仕事とは

在宅の生活を支える

 
訪問看護の仕事

訪問看護師の仕事で、
病院の看護師と違う点は、病気の治療が最優先ではなく、
在宅での生活を支えることが、最優先であることです。

その方の健康状態の把握や必要な処置を行うことは、もちろん大切です。
ただ、それだけが優先される訳ではありません。

その方が望む生活を、その方のご自宅で行えるように支えていくのが訪問看護の仕事です。

利用者とのコミュニケーション

病院では、患者さんとのコミュニケーションは、
一人一人にじっくりとコミュニケーションを取るというより、
医療事故を起こさないように医療職同士のコミュニケーションをしっかりと取ることが多いと思います。

訪問看護では、コミュニケーションが一番多いのは、利用者さん本人と、そして家族です。
サービス提供開始の時から、実施中、実施後など、雑談も織り交ぜながらになりますが、
コミュニケーションを取ります。

雑談なんて意味があるのかと思うかもしれませんが、
雑談の中からこそ、本人も気が付いていない体調の変化や生活の様子なども見えてきます。

 

関係者との連携

訪問看護では、医療関係者だけでなく、介護関係、行政関係の方との連絡調整もあります。

医療関係者は、主治医との連携も行います。
訪問診療を行っている医療機関は、医療相談員や窓口の看護師を配置していることが多いので、その方達との連絡調整も多いです。

介護関係で、一番連絡調整が多いのでは、介護支援専門員や訪問介護員(ヘルパー)になります。
行政関係だと、地域包括支援センターや福祉事務所の方が多いです。

最初は、色々な職種の方と連絡調整することに戸惑うこともありますが、慣れてきます。

 

訪問看護の記録業務

訪問看護記録

訪問看護は、意外と書類が多いです。
日々のサービス提供を行うと、訪問看護記録Ⅱに、その日のバイタルや病状、処置内容を記録していきます。
記録ソフトがあるので、チェック項目にそって、チェックを入れることで、全部文章で記録しなくても済みます。

その他にも、月に1回は、訪問看護計画書と訪問看護報告書を作成する必要があります。
担当する利用者さん分を作る必要があるので、少し手間がかかる業務です。
日頃から、訪問看護計画に沿って、業務を行っていくので、計画の内容は知っている必要があるので、
利用者さんの状態や環境が変わった場合は、次月の計画書に反映できるように普段からメモを行っておくことで、
訪問看護計画書と訪問看護報告書を作りやすいです。

訪問看護記録以外の書類

記録業務以外にも、訪問予定表や各関係機関との連絡調整のためFAX送信もあります。
また、訪問看護指示書を期限が切れていないか管理も必要です。
主治医により、主治医の方から期限が切れる前に送ってくれる方もおりますが、
大学病院などの先生だと、訪問看護から依頼をかける必要があります。
はなももでは、事務職員が行っています。

 
訪問看護の記録業務

 

1日の業務の流れ

朝出勤したら、その日の訪問予定の利用者さんの確認と訪問バッグ内の点検です。
今は新型コロナウィルス感染対策として、ガウンなども携帯するので、普段よりも荷物は多めです。

訪問看護は、1日で4時間程度は訪問します。
30分の訪問が多いと、1日の訪問件数が増えるので、タイムコントロールは大切です。

はなももでは、移動手段は電動自転車になので、安全に移動する必要があります。
また、雨の日などは、合羽をその都度脱着するので、余計に時間がかかります。

訪問看護は、自転車での移動が多いので、意外と体力が必要です。
最初の1,2カ月は、ちょっと大変ですが、3カ月もすると体力がついてきて慣れてきます。
外周りの仕事のせいか、風邪などにかかりにくくなります。
また、1件終わると、次の利用者さん宅までの移動があるので、気分の切り替えもできます。

その日の訪問看護記録Ⅱは、業務の合間にある程度スマホで入力するか、
事務所に戻ってきた時に、入力しやすいように必要なことをメモしておきます。

また、緊急の訪問依頼もあるので、はなももでは、その日のリーダーが、
緊急の訪問依頼を受けて、誰が訪問するか割り振ります。事務職員が行うこともあります。

予定していた訪問がキャンセルになることもあります。
その場合は、その空いた時間を使って、訪問看護計画書や訪問看護報告書を作成します。

 

訪問中に行うこと

訪問看護でまず訪問した場合は、当たり前ですが挨拶から始まります。
その後に、コミュニケーションを取りながら、健康状態の確認を行っていき、その日に行う処置の準備を行います。

それから処置を行っていきますが、その日の体調や気分によっては、予定していた処置と異なることを行う場合もあります。
ここで看護師の方で、予定していたからといって、利用者さんの状態を考慮しないで、無理に予定通りの処置を行うことは、訪問看護ではあまり好ましくありません。
また、無理に行う必要もありません。

処置が終われば、簡単な記録を行わせてもらい、次回の予定などを確認した上で、退室します。

 

訪問看護の処置の内容

訪問看護で行う処置の内容は、様々です。介護的なことも行うこともあります。

処置で多いのが、薬の管理、摘便、褥瘡の処置、点滴などです。バルーンカテーテルやストマ管理も多いです。
介護的なことでは、入浴の介助、足浴が多いです。
時には、更衣や排せつ介助を行うこともあります。

処置はどちらかというと、利用者さんにとって痛みを伴うこともありますが、介護的なことは利用者さんにとって安楽な場合があります。

訪問看護では、その両方を行いつつ、利用者さんのQOLを高めていきます。

 

訪問看護のオンコール

訪問看護には夜勤はありませんが、オンコールがあります。

17:30から翌日の8:30まで、緊急の電話がかかってきた時に訪問します。
夜寝ている間にも、電話が鳴ったら訪問するので、慣れるまでは大変です。

はなももでは、オンコールを行る看護師の人数にもよりますが、月5回から8回です。多くできる方だと、月10回行っている看護師もおります。

夜間の訪問で大変なのは、暗くて利用者さんの家がわかりづらいことです。
特に団地だと、何号棟なのか、わかりにくいです。
そのため、昼間に目印を確認しておく必要があります。

はなももでは、利用者さんから連絡を受けてから到着できるまで、
身支度して自転車での移動なので、何だかんだと30分~1時間程かかります。

それでも待っていてくれる利用者さんと家族のために、かけつけています。

はなももでは、訪問看護未経験の方であれば、まずは日中の訪問看護に慣れてから、
オンコール業務を開始してもらっています。

また、オンコールも希望により、他の看護師に夜間も電話連絡できるので、安心です。

 

訪問看護のターミナルケア

訪問看護で一番多いターミナルケアは、末期癌の方の支援です。
病院での治療を終え、在宅を希望されて、退院される方や
通院で治療していて、緩和ケアに入るまで在宅で過ごされる方などです。
ターミナルケアというと80代・90代の方が多いですが、若い方だと、40代・50代の方もおります。

末期癌となった利用者さん本人や家族は、病状がどう進んで行くのか、どうなっていくのかと云ったことをあまり知りません。
どちらかというと病状が改善することに希望を持っている方が多いかもしれません。

そのため、訪問看護としては病状を見ながら、今できることを利用者さんや家族にそっと情報提供していきます。
そして、病状が進んできたら、苦痛の軽減のため、できる限りのことを行っていきます。
また、病状が進むと、一生懸命になる家族、介護に疲弊する家族と様々です。そういった家族の支援も行っていきます。

 

訪問看護で行うエンゼルケア

訪問看護はなももでは、自費になりますが、エンゼルケアを行っています。

利用者様が亡くなる前から、ご家族の方に最後に着せたい服や、ご本人の気に入っていた洋服等を準備して頂きます。
それは、突然やってくる死に対し、ご家族に少しでも心の整理ができるように配慮するためでもあります。

ご希望があれば、家族と一緒にエンゼルケアを行うこともあります。
一緒に頭を洗ったり体を拭いたり、着替え等を行います。
その時、生前の思い出話などをしながら、今後やらなければならない事を説明していきます。

今までのことを感謝しながら、エンゼルケアを行うことは、グリーフケアの一環として、
残された家族の癒しとなっているような気がします。

長い闘病の末に亡くなると、苦しい表情で最期を迎える場合があります。
そういう姿は、家族にさらに深い悲しみを与えてしまいます。

エンゼルケアでは、その人らしく、美しい外観に整えてあげることで、
家族は「きちんと最後のケアをしてあげられた、きれいな姿で見送ってあげられた」
という納得感や満足感を得ることができます。

また、棺に入ってしまう前に、今までの事を感謝できる大切な時間でもあります。

それが大切な家族の死を受け入れ、悲しみから立ち直るプロセスになるのです。
人生の最後の姿を美しく整えることは、故人の人格や尊厳を守ると同時に、
残される家族の心のケアにもつながります。

 

おススメのコンテンツ

体験会・事前相談会