訪問看護の仕事・やりがい

訪問看護の仕事・やりがい

About Work訪問看護の仕事とは

訪問看護の入浴介助

 
訪問看護の入浴介助

訪問看護師が行う入浴介助

訪問看護の相談で意外と多いのが、入浴介助です。
状態が安定されている方は、訪問介護員(ヘルパー)が入浴介助を行いますが、
退院後など状態が不安定な方や持病のある方は、訪問看護に入浴介助を依頼されるケースが多いです。

訪問看護の入浴介助は、看護師1名で伺い、ご利用者様の御仕度ご自宅の浴槽浴室で行います。
主治医の指示のもと入浴前後のバイタルチェックを看護師が行い様子を見ながら入浴していただきます。

 

入浴介助の前後で準備すること

快適で安全な入浴介助ができるよう湯温を調整したり、寒い季節は事前にシャワーで浴室を暖めたり、暖房をつけるなど環境を整えます。
また、軟膏やパウチの準備などをして、浴後ご利用者様の負担を減らし、少しでもスムーズに入浴介助ができるようにします。

 

入浴介助で気をつけていること

入浴介助では、呼吸や表情の変化はもちろん、全身の皮膚の状態を観察することも大切です。
発赤や湿疹・かぶれ、傷や腫れ、落屑など頭の先から爪の先まで確認します。
ストマの状態であったり、酸素をしている方の健康状態を確認しながら入浴のお手伝いをしています。
医師の判断が必要であれば、受診を勧めたり主治医へ診ていただけるよう手配したりします。

 

安全な訪問入浴サービスを提供するために

ご利用者さまの入浴動作の負担を軽減し、快適な入浴ができるよう環境整備が重要です。
ケアマネージャーに相談し、浴槽用手すりや浴槽用いす、シャワーチェアなどの福祉用具を検討、ご利用者さまに提案させていただきます。

 

入浴介助のやりがい

訪問看護の入浴介助は大変なこともありますが、ご利用者様がリラックスでき、浴後さっぱりした顔で「気持ち良かった。ありがとう」の言葉が聞けると嬉しくなります。
初めは不安かもしれませんが、慣れてくればその方の特徴もわかってくるのでコツがつかめると思います。
入浴介助のサービス提供時間は1時間ほど、ご利用者様が気持ちよく安全に入浴できるよう準備と段取り良く動くことが大切です。

 

訪問看護の排泄ケア

 
訪問看護の排泄ケア

病院との環境の違いについて

訪問看護と病院での看護の大きな違いは、ベッド周りの環境です。訪問看護の舞台となるのは、ご利用者様のご自宅であり、その住居環境は十人十色。訪問先であるご家庭のルールに沿ってケアを進めることも少なくありません。

例えば、摘便をするときは原則として左側臥位で行いますが、訪問先によってはそうはいかないことも。ベッドの片方が壁にくっついている、ご利用者様が日常生活を送る上で寝ている時の頭の位置が決まっているなど、原則通りのケアを実現できない場合があるからです。それでも、必要なケアは行わなければなりません。そのため、訪問看護では、さまざまな環境でも時間内にケアができるよう看護師の工夫が必要です。

 

その時のタイミングについて

訪問看護は排泄ケアをする時間が限られているため、その時にできることをやらなければならないのです。浣腸や坐薬を使うことはもちろんですが、その場でなるべく排便を出しきるためのケアをしていきます。
訪問看護で中途半端な排泄ケアをしてしまうと、私たちが帰った後に便が出てしまった場合、ご家族やヘルパーさんに処理をお願いすることになります。
介助者がいない場合は、訪問看護が終わってから数時間、長いときには翌日まで排便した状態で利用者さんは過ごすことになります。

また、適切な排便ケアをしなければ、便秘になって不快な思いをしたり、嘔吐や食欲不振になったりすることも。さらに便秘が続くと便が硬くなり、看護師の処置では対応できなくなることもあります。
そのため、訪問看護の排泄ケアは利用者さんへ与える苦痛を最小限にとどめ、快適な日常生活を送れるよう気遣いが必要です。

 

タイミングの準備について

実際の排泄ケアでは、看護師の訪問に合わせて、前日に下剤の内服をしていただいたり、訪問する直前に坐薬をご家族に挿肛していただいたりしています。

看護師は訪問して排便状況を確認し、状態に合わせて浣腸やお腹のマッサージをして摘便をします。
腸の動きが悪いときは、温かいタオルでお腹を温め、腸の動きを活発にさせることもあります。そして便の硬さをみて、次回訪問時までの食生活や下剤調整のアドバイスをします。

 

ケア後の処理について

在宅ならではの排泄ケアとして、なるべく尿取りパットを便で汚さずトイレットペーパーの上で処理をしてトイレに流すことが上げられます。
尿取りパットやオムツなどの資源は、利用者さんやご家族の限りある物品ですので、ふんだんに使用して良いという訳ではありません。、また、大量のゴミが出ると誰かがゴミ捨てをしなければなりません。

 

排泄ケアの後について

訪問看護ならではの配慮をしつつ、排泄ケアを行った後のご利用者様のすっきりした顔が見られると、私たち看護師はホッとします。
排便ケアのサービス提供時間は30~60分ほどです。(排便だけの処置の目安は30分です)

 

訪問看護で行うターミナルケア

ターミナルケアとは

病気や老衰で死を目前にした方たちが、自分らしく暮らし、満足して人生の最後を迎えられるようにする医療・介護的なケアのことです。

ターミナルケアは大きく3つに分かれます。

  • 身体面…痛みの緩和や安楽のため、点滴、褥瘡の予防、清拭、身だしなみを整えるなど
  • 精神面…話を傾聴し、気持ちに寄り添い、趣味やご家族・友人と過ごす時間を設けるなど
  • 社会面…家族や近所の方とのつながり、ケアマネージャーと連携して支援制度の情報提供など

 

ターミナルケアを行う意味

私たちがターミナルケアを行う動機は「最期を迎えるときは誰であっても平等であってほしい」と思っているからです。
そして、死に直面された方やご家族の「不安」「孤独」「痛み」「苦しみ」に、どう接していけば良いのか、看護師として日々試行錯誤しています。

 

予後(余命)の告知の有無による対応について

予後(余命)を告知されている場合とそうでない場合で、私たち看護師の対応も変わってきます。告知されていない方もいらっしゃいますが、どちらが良い悪いではなく、私たちは主治医の指示やご家族の意向を汲み取って、同じ方向に向かってターミナルケアを行っていきます。
なかには告知をされていなくても「自分はもう長くない」と悟られる方もいらっしゃいます。ご利用者さまの思いを傾聴し、次へのケアにつなげていきます。

 

ターミナルケアの進め方

医療的な対応としては、私たち訪問看護師は主治医に情報を提供して、主治医の指示のもと医療的なケアをします。また、ケアマネージャーや訪問介護員など他職種と連携して、個人を尊重したターミナルケアを計画。ご利用者様が好んでいたケアや、ご家族から何が好きだったかを聞き取り、好きな音楽を流しながら清拭や洗髪をしたり、髭剃りをしたり、手足浴やマッサージをしたり、私たち訪問看護師にとってケアの集大成を提供します。

 

ご家族に対するケア

ご利用者様のケアだけでなく、ご家族への心のケアも大切にしています。
病状の進行具合によって、会わせたい方がいれば会っていただく、最期に着せてあげたい服があれば用意していただくなど、ご家族に少しずつ覚悟していただく準備を始めます。
初めてご家族で看取られるご家族も多いので、ケアについての説明書きを作ることもあります。また、共有ノートを作成し、私たちが行ったことやご利用者様が言った言葉などを書かせていただくこともあります。

 

24時間・365日のサポート体制

基本的に、ターミナルケアのご利用者様は毎日訪問しています。緊急時に駆けつけられるよう24時間365日のサポート体制を整えています。
最期を迎えられたときは、しばしご利用者様とご家族の時間を設け、その後ご家族と一緒にご利用者様の話をしながらエンゼルケアをします。

 

訪問看護で行うエンゼルケアとは

エンゼルケアとは

人が亡くなった後に行う処置と化粧などをまとめてエンゼルケアと呼びます。

  • 一般的には医療器具を外した後の手当て
  • 治療でできた傷の手当
  • 身体の清拭
  • 鼻口耳、肛門への脱脂綿詰め・着替え・化粧などが行われます。

 

エンゼルケアを行うことの意味

長い闘病の末に亡くなると、苦しい表情で最期を迎える場合があります。そういう姿は、家族にさらに深い悲しみを与えてしまいます。

エンゼルケアでは、その人らしく 美しい外観に整えてあげることで、家族は「きちんと最後のケアをしてあげられた、きれいな姿で見送ってあげられた」という納得感や満足感を得ることができます。

それが大切な家族の死を受け入れ悲しみから立ち直るプロセスになるのです。人生の最後の姿を美しく整えることは、故人の人格や尊厳を守ると同時に、遺される方の心のケアにもつながります。
また感染予防の点からも死後の処理は大切なものとなります。

 

エンゼルケアも大切にすること

利用者様が亡くなる前から、ご家族の方に最後に着せたい服や、ご本人の気に入っていた洋服等を準備して頂きます。

それは、突然やってくる死に対し、ご家族に少しでも心の整理ができるように配慮するためでもあります。

エンゼルケアを行う時は、体の中に入っている管などを外します。
その後、ご家族に声をかけ、一緒に頭を洗ったり体を拭いたり、着替え等を行います。

その時、生前の思い出話などをしながら、今後やらなければならない事を説明していきます。

核家族化のため、人は「死」を間近で体験する機会が減りました。
「死」は悲しいものです。
しかし、「死」は誰にでも訪れる自然なことです。
それを知ることで「命の尊さ」や「生きていることの大切さ」を学んでいければ良いなと思います。

そして人生の幕引きに立会えた事に感謝しつつ、故人に「お疲れ様でした」とお伝えして旅立てるお手伝いをさせて頂きます。

マザーテレサは「人生99%が不幸でも、旅立つ最期の1%が穏やかで幸せであればその人生は幸せである」と言っています。
どのような人生を送られても、最期は幸せになってほしいという気持ちで、エンゼルケアを行っています。

 

エンゼルケアとグリーフケアについて

私たちはご利用者様が亡くなられた後、しばらくしてから、ご挨拶に伺うようにしています。
亡くなられて2週間位になると、ご家族は忙しさが一段落ついて、寂しさが出てくる頃になります。
その頃に、ご挨拶に伺って、生前に利用者様がご家族に対して、語っていたことをお話することもあります。

また、ご家族からは私たちとのエピソードなどを語って頂けます。
私たちも、ご家族のグリーフケアをすると共に、私たちのグリーフケアも一緒にさせて頂くことになります。

まだ実現はできていませんが、定期的に遺族の方々とスタッフが交流できる場を作っていきたいと思っています。
故人の思い出話しをしたり、その後の生活での悩みなど、他では言いにくいこと辛い話しなど、心おきなく話せる場をご用意するため現在準備をしています。

 

地域に活躍する訪問看護の役割

 
訪問看護の仕事・やりがい

看護師が活躍する場は、病院だけでなく、地域に広がっています。
地域包括ケアシステムがすすみ、病院の入院日数は短くなっています。

早く退院できるのは、良いことです。
しかし、早く退院できても、人間の回復力も早くなった訳でありません。
そのため、退院しても、まだ療養が必要な状態のことが多いのです。
自宅で療養を継続していくことが必要な時代です。

そのため、自宅での療養を支える存在として、地域で活躍する看護師は必用不可欠な存在です。
訪問看護師がいることで、要介護高齢者の方、障害者の方が、また入院することなく、住み慣れたご自宅にて、安心して生活を営んでいけるのです。

 

訪問看護に必要な臨床経験とは

 
訪問看護の仕事・やりがい

看護師として臨床経験が3年以上あれば、訪問看護で勤務できます。
臨床経験で不足していることがあっても、訪問看護の現場で学べます。
そのため、臨床経験よりも、訪問看護で長く働けるスキルの方が大切だと思います。

訪問看護ステーションはなももでは、そうしたスキルも含めて研修していきます。

 

おススメのコンテンツ

体験会・事前相談会