足立区で訪問看護、訪問リハビリを提供しています

退院後の訪問看護の利用について

訪問看護ステーションはなももでは、退院後の訪問看護の利用を、お勧めしています。

 

退院が決まり、おめでとうございます。

退院が決まって、ほっとしているところだと思います。

しかし、退院してからの数か月間は、退院後のご自宅での生活が左右する大切な時期です。

入院先の医師・看護師・医療相談員、ご担当の介護支援専門員の方から、訪問看護を利用した方が良いとか、リハビリを受けた方が良いというお話がありませんか?

もし、勧められていたら、早めに(明日にでも)、訪問看護にご連絡ください。

現在の医療体制では、病気は病院だけで治療が終わるのではなく、在宅で治療を続ける時代です。入院日数が短くなっていることで、病院である程度の治療やリハビリを行って、退院後も治療やリハビリを続けていくことが必要です。

退院後に、一安心して、健康管理やリハビリを疎かにしてしまうことで、病状や障害の状態が改善する機会を失い、場合によっては病状や障害が悪化してしまうことも普通にあります。

そうならないように、退院して、ご自宅での生活を開始した「いま」訪問看護を利用して、生活の中でうまく病気と障害との付き合い方を知ってみてください。

 

退院後も、病状や障害のコントロールが必要です

糖尿病や認知症、脳梗塞の後遺症による麻痺、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など、病院で治療しても完治できない病気や障害もあります。

退院後に、何もしないでいれば、病気が悪化して、障害が強くなることも普通にあります。

退院後も薬を処方されているということは、病気が完治していないからです。

薬を服用する意味は、病状や障害を悪化させない、再発させない、少しでも悪くなることを遅らせるためです。
かといって、病院ではずっと入院できない時代です。

また、病状や障害のコントロールは、「正しい薬の使用」が必要であり、そして薬だけでできることではありません。

退院後に、ご自宅の生活の中で

①正しい薬の使い方

②薬を使ったことでの健康状態の変化

病状や障害に合わせた食生活

④病状や障害に合わせた運動

⑤病状や障害に合わせた入浴

⑥病状や障害に合わせた正しい医療機器の使用

を行っていくことが必要になります。
①~⑥のうち、どれかに不安があれば、ぜひ訪問看護を利用して、病状や障害を良い状態でコントロールしていきましょう。

医師や看護師、医療相談員、退院後に介護支援専門員の方は、たくさんの患者、介護の利用者を見てきました。

見てきたというのは、だいたいこういう感じだと、将来はこうなるなとある程度の予測ができることです。(専門職は、予後予測とか予見とか言います。)

医師や看護師、医療相談員、介護支援専門員は、専門知識だけでなく、経験もふまえた上で、ご自宅での生活で、①~⑥をご本人かご家族で行うことに不足を感じて、病状や障害が悪化しないように訪問看護の利用をすすめるのです。

退院後に訪問看護を利用するメリット

退院後に、訪問看護を利用するメリットは

①正しい薬の使い方

②薬を使ったことでの健康状態の変化

病状や障害に合わせた食生活

④病状や障害に合わせた運動

⑤病状や障害に合わせた入浴

⑥病状や障害に合わせた正しい医療機器の使用

を「ご自宅での生活の中」で「医療者の判断・助言・対応」が得られるからです。


①~⑥をご本人で行うということは、

正しい薬の使い方も、入院の時と違って、誰も薬を持ってきませんので、自分で服用しないと薬は飲めません。服用間違いがないように自分で管理が必要です。

例えば血圧を下げる薬を服用して、血圧が下がりすぎないか、他の副作用が出ていないか確認してくれますが、退院後はご自身で血圧を測定するなどしてご自身で気づいていくしかありません。

例えば腎臓の病気がある方には、病院ではタンパク質を制限した食事を出してくれますが、ご自宅では自分で栄養管理しないと腎臓に負担がかかり体はだるくなっていきます。
高血圧の方も、病院では塩分をコントロールした食事を出してくれますが、ご自宅では自分で塩分のコントロールを行わないと、脳出血などの再発の危険性が高まります。

④病院では定期的にリハビリのスタッフが来て、意味のある運動を教えてくれますが、ご自宅では自分で運動しなければ筋力は衰えていきます。
自己流で運動しても、効果のある負荷がかからなければ、筋力は衰えていきます。

⑤病院では、看護師が入浴前に、病気に合わせて病状確認して、入浴してよいか判断してくれ、入浴時の体調不良を早めに気がついてくれます。
退院後は、自分で入浴できるか判断して、入浴中に体調不良になるか自分で感じないといけません。

⑥酸素療法で必要な方は、病院では機械の操作を行ってくれますが、退院後は何かあれば自分で機会を操作しないといけません。また、使い方を間違えると、意識障害や火事などにもつながります。

訪問看護では、①~⑥のことのないように、医学的な観点で、どうしていけば良いのか、ご本人の病気や障害、ご自宅での環境、家族など介護者の状況に応じて、おひとりおひとりの生活に合わせて、具体的な方法をお伝えしていきます。

練習が必要なことであれば、できるようになるまで、一緒に練習していきます。

病気や障害が完治しない場合、病気や障害とうまく付き合って生活していくといった視点が必要になります。

訪問看護を利用することで、うまく付き合う方法を獲得しやすくなることが、退院後に訪問看護を利用するメリットになります。 

特に退院後は、病気や障害によって、気をつけないといけないことや医療的な処置が必要な場合があります。

退院後、ご自宅での生活の中で、健康面で気をつけることや薬などの使い方に早く慣れることで、病状が悪化することを防げれば、結果的に医療にかかる費用や時間も軽減できることもメリットになります。

また、介護される家族も最初は介護する気持ちがあっても、介護は長期戦になることが多いです。

そのため、退院後に無理しすぎないことも大切ですので、退院後は落ち着くまでは、ぜひ訪問看護をうまくご活用ください。

退院後の訪問看護の利用には、ゴールがある。

訪問看護を利用したら、ずっと訪問看護を利用しないといけないということはありません。

もし、①~⑥が、ご本人かご家族でできるようになれれば、訪問看護は卒業です。

①~⑥がご本人やご家族で全部できなくても、退院後は週3回だったのか、週2回、それが週1回というふうに、だんだんと、訪問看護を利用しなくても良い生活を目指しましょう。

日々の生活の中で、気兼ねなく過ごすのに、そんなに定期的に家の中に「だれかが」来るのは、結構煩わしいの場合もあります。

完全に卒業でなくても、少なくとも訪問看護は必要最低限になれることを一緒に目指していきたいと思います。

訪問看護のご相談はお気軽に

退院前からでも退院後の在宅の介護や看護についてご相談に乗れます。

医療相談員の方経由か直接ご連絡をください。入院中の方の場合は、私たち訪問看護スタッフが、病院に伺うこともできます。

病院の医師、看護師、リハビリ担当のスタッフから、健康面やリハビリの情報を、引継ぎ、入院中に行っていた治療やリハビリを継続してご自宅でもできるようにしていきます。

もし、すでに退院されている場合、お電話でご相談もできます。

必要がありましたら、訪問してご相談を伺うこともできますし、担当のケアマネジャー(介護支援専門員)経由でもご相談を受け付けております。

よろしければ、こちらもご覧ください。

利用Q&A

PAGETOP
Copyright © 訪問看護ステーションはなもも All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.