在宅介護のススメ

在宅介護のススメ

Home Care在宅介護・自宅療養

家で過ごせる「自宅療養(在宅介護)」が一番です。

家は、自分らしく生活できる場所です。
気兼ねなく自分で思ったことができます。

好きな時間に本を読む、テレビを見る、友人に電話する、お茶やお酒を飲む、大きな声で笑う。
家族がいれば、色々と話ができます。ペットがいれば、触れ合えます。友人が来れば、世間話もできます。

見慣れた部屋の景色、いつもの布団の匂い、聞きなれた窓のカタカタする音、家族やペットの声や物音が聞こえます。
こうした馴染みのある空間は、人の五感を通じて安心をもたらします。

病気があっても病院に入院しないで、自宅で過ごせれば、病気はほんの生活の一部になります。

 

病院での療養生活は

病院は、医師や看護師が常にいるので安心です。
何かあればすぐに来てくれますし、手術等の高度な治療も行えます。

しかし、どうしても気をつかいます。
それは、病院の生活ルールを守ること。
他の患者さんや病院スタッフという他人がいること。
ベッドやテレビは借り物であること。
自由に出歩きができないこと。
面会に制限があること。

また、今の医療制度だと病院スタッフも人員が充分ではなく、
ちょっと呼んでも「後でね」と言われて、話をよく聞いてもらえないこともあります。

そして、点滴などしているとベッド上で、
天井や壁を見つめている日々になってしまい、
治療以外のことは、制限される生活になってしまいます。

 

ご自宅と病院の療養の違い

  病院での療養 ご自宅での療養
利点 ○医師や看護師が常にいる安心
○病状の変化に対処しやすい
○家族の負担が少ない
○気兼ねなく日常生活を続けられる
○家族や知人と過ごせる。
○社会生活を続けられる。
○費用は少ない
○医師や看護師と、割とゆっくりと話ができる。
欠点 ◆病院のルールで生活する
◆面会時間以外は家族や知人と会えない
◆社会生活から離れる
◆医師や看護師は常にはいない。
◆家族の負担は増える場合がある。
◆急変の場合に、医療職が到着するまで時間がかかることがある。
同じこと 高度な医療以外の医療はほぼ同じく受けられる。
関係性 患者(治療を受ける人が客) 主人、生活者、利用者(医療職が客)
環境 治療の場 生活の場

 

病院で退院と言われたら

もし、入院先の先生から、「治療は終わったので退院できますよ。」と言われましたら、
退院することに、心配があるかもしれません。

でも、病院での治療はもう卒業できたので、
退院してご自宅に戻りましょう。

訪問診療や訪問看護を利用して、
ご自宅で療養を続けることが可能な時代です。

 

おススメのコンテンツ