訪問看護サービス

訪問看護サービス

Nursing Service訪問看護サービスのご案内

訪問看護が行えること

訪問看護は、病気や怪我などで、処置などの医療行為が必要な方に対して、
入院しなくてもご自宅で療養を続けられるように、主治医と連携して医療行為を行います。

医療行為は、カテーテル管理や点滴など病院で行っていることと、ほぼ同じ医療行為が行えます。
看護師なので、医療行為以外にも、お薬の管理、整容やお風呂などの介護も行えます。

病気のこと、治療のこと、介護のことなどの相談ができるので、安心です。
病院と違って、看護師にあれこれと聞くことができます。

 

訪問看護はどんなことを行うのか

訪問看護とは、主治医の指示を受け看護師がご自宅に訪問しその方の病気や障害に応じた看護を行うことです。
病院と同じような医療処置も行ったり、自宅で最期を迎えたいというご希望に沿った看護も行います。
具体的には以下のようなことがあげられます。

医療処置 気管カニューレ、膀胱留置バルーンカテーテル
経鼻チューブ、胃ろう、中心静脈栄養の管理
点滴、内服管理、在宅酸素、インシュリン
病状・健康状態の観察 血圧、体温、脈拍などの健康状態の観察
症状悪化の防止・改善
医療機器の管理 在宅酸素、人工呼吸器などの管理
日常生活のケア 食事、排泄、歩行など看護師による介助
整容のケア 身体の清拭、洗髪、入浴介助、排泄などの介助・指導
リハビリ 拘縮予防や機能の回復
嚥下機能訓練などの在宅リハビリテーション
認知症のケア 物忘れ・認知症症状の維持等
認知症による事故防止
認知症介護の相談・工夫のアドバイス
ターミナルケア 不安や痛みなどの症状の緩和
家族のケア 家族からの相談、家族への介護指導
精神面のケア 療養生活の不安に対するケア
その他 緊急時の対応、
主治医、ケアマネジャー、薬剤師などのとの連携

 

 訪問看護を利用するには

訪問看護は、主に介護保険と医療保険で利用することができます。
それぞれには、ルールがあります。
また、介護保険や医療保険では行えないこともあります。
保険外になりますが、自費で利用することもできます。

介護保険での利用

65歳以上で要支援・要介護認定を受けている方は、介護保険で訪問看護を利用できます。
また、40~64歳の方は、介護保険上で「特定疾病」とされている末期がんや関節リウマチ等が原因で要支援・要介護の認定を受けた場合にも、
介護保険で訪問看護を利用できます。

要介護認定を受けた後は、ケアマネジャーに相談の上、訪問看護を依頼できます。
利用の際は、主治医から指示書が必要になります。
指示書については、訪問看護の方で主治医よりいただきます。

回数や時間については、介護保険の場合は、ケアマネジャーが作成したケアプランで決まります。
介護保険では月に利用できる限度額が決まっているので、
1回30分か60分、週1回~5回程度訪問できます。

医療保険での利用

医療保険では、赤ちゃんから高齢者まで年齢制限なく訪問看護を利用できます。
ただ、65歳以上の場合は、要支援・要介護認定を受けていない方、つまり介護保険が利用できない方のみとなっています。
介護保険が利用できる方でも、厚生労働省が指定した難病等をお持ちの場合やがん末期となった場合は医療保険で利用できます。

ご本人や家族から直接、訪問看護を依頼できます。
利用の際は、主治医の指示が必要となります。

医療保険では、1回45分~60分で、病状により週1回~毎日訪問が可能です。

 

訪問看護を利用するメリット

医療資格者による専門的なケアが自宅で受けられる

訪問看護サービスを行うのは、看護師、理学療法士といった医療の国家資格者です。
主治医と連携して、健康状態や病状に合った専門的なケアを自宅で受けられます。

通院の負担が減る

高齢の方や傷病・障害がある方は、定期的に病院に通うのが難しいことがあります。
訪問看護を利用すると、簡単な医療処置やリハビリテーションは自宅で受けることができるため、
通院する負担を抑えることができます。

退院後に、安心して自宅療養を行える

入院によってある程度回復し、退院となっても、傷の消毒、たん吸引、医療器具の管理といったケアが必要なことがあります。
本人や家族がしなければならず、「上手く処置できるか不安・・」という場合があります。
また、自宅内の移動や食事、トイレといった生活も「健康なときと同じようにいかないのでは・・・」と心配になることもあります。

訪問看護を利用すれば、看護師が一緒に行ったり、具体的な助言を行えるので、
安心して自宅療養を行うことができます。

家族の負担が軽くなる

在宅介護を行っているご家族には、肉体的にも精神的にも、様々な負担が生じます。
また、外出が制限されるという問題や、「家族が病気や怪我をしたらどうすれば・・・」といった心配もあるかもしれません。
訪問看護を利用すると、自宅での看護・介護に伴うケアを看護師などと分担できるので、家族の負担を減らすことができます。
また、看護・介護でわからないことがある場合に相談することができます。
普段から看護師などのサポート体制があると、普段困っていることに対応しやすくなります。

生活の質(QOL)向上につながる

「できるだけ自宅で過ごしたい」という気持ちを尊重し、
生活の質(QOL)の向上につなげるよう努めています。
現在の生活状況からどういった選択肢があるのか

改善方法があるのかを一緒に考えることができます。
訪問看護は、ただ単に医療的な処置をするだけでなく、
自宅で充実した療養生活や介護生活を送れるようサポートします。

 

夜間オンコール利用のメリット

当ステーションは、別途加算がかかりますが、
オンコール体制(24時間対応体制)を行っています。
「24時間対応体制」とは、24時間、看護師に電話が繋がり、
必要に応じて看護師が夜間でも訪問します。

夜間や週末・祝日など、何か症状変化があった際など病院への連絡や救急車を呼ぶほどではないけど、
何か心配・・・となった際にご連絡いただければ対応いたします。

利用者さんの身体の体調変化に時間は関係ありません。
実際に夜間に連絡があり対応させていただいた時は、
「どうしていいか分からなくて、夜中にすみませんでした。
でも本当に助かり安心しました。ありがとうございました」
とのお言葉をいだただきました。

病院や施設ではなくても、
ご自宅でも、いつでも安心して過ごしていただくことは、
訪問看護の務めであります。

 

ターミナルケアで訪問看護を利用するメリット

ターミナルケアとは、医師によって余命数週間から数ヶ月と診断され、
治療によって治る見込みがないと判断された終末期の患者さんに対して行うケアです。

「延命治療」や「心身機能の維持のための治療」は行わず、
痛みなどの症状緩和や
心のケアを中心としたケアを行います。
看取りケアともいわれるものです。

病院で、ターミナルケアを受けるものと思うかもしれませんが、
訪問看護を利用すれば、ご自宅でターミナルケアを受けることもできます。

ご自宅では、最後を迎えるまでの大切な時間をより充実した時間にできます。
ご自宅だからできることを行ったり、家族やペットと一緒の時間を過ごせます。
病院でも家族と過ごすことができますが、自宅の方がかかわりは深く長い時間を過ごせます。

利用者さんご本人が生きてきた「家」「空間」の中でされる
ご自宅での看取りは、ご本人にとっても、安心でき有意義なものになります。
それは、最期を見送った家族や友人たちのその後の「生」にもつながります。
その後も生活していく家族や友人たちの「人生」を、より意識されるものになるでしょう。

看護サービスの実績

平成28年4月に開設して、様々な病気をお持ちの方々への訪問看護を提供いたしました。
医療技術が進んでおり、現在は様々な病状の方も、在宅でフォローできるようになっています。

訪問看護を利用して、より充実した在宅生活を続けていきませんか?

身体障害や難病をお持ちの方
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • パーキンソン病
  • 黄色靭帯骨化症
  • 脊髄小脳変性症
  • 多系統萎縮症
  • 心サルコイドーシス
  • 特発性血小板減少性紫斑病など
がんの方
  • 脳腫瘍
  • 肺がん
  • 肺小細胞がん
  • 右上葉肺がん
  • 肺腺癌
  • 乳がん
  • 胃がん
  • 肝細胞がん
  • S状結腸癌
  • 大腸がん
  • 直腸がん
  • 腎盂がん
  • 膀胱がん
  • 子宮頸がん
  • 前立腺がん
  • 有棘細胞がん
認知症の方
  • 脳血管性認知症
  • アルツハイマー型認知症

おススメのコンテンツ