普通の生活 当たり前の生活 幸せな生活

Message あなたの大切な「いま」を支えます

足立区西新井の訪問看護ステーションはなももは、

体や病気を看る医療の視点はもちろん、気持ちや生活を大切にして

訪問看護・訪問リハビリを提供しています。

Value 訪問看護はなももの強み

 

看取り支援に力をおり、夜間や土日も緊急対応を行っています

障がいをお持ちの方、健康管理が必要な方の対応も行っています

足立区内外の訪問診療や一般病院、大学病院などの多数の医療機関と連携を取り

丁寧な看護とリハビリの提供を心掛けています

Use 利用できる保険・制度について

 

医療保険、介護保険にて利用できます

難病医療費助成、自立支援医療機関(更正医療)の指定医療機関です

保険外で自費での対応も行っています

Price 利用料金について

 

1.医療保険:1日60分以内の訪問看護を週2回(月10回)

緊急対応ありの場合(料金は概算です)

1割負担9,930円、2割負担19,860円、3割負担29,790円

限度額認定証、難病指定など利用により上限額に変更があります

2.介護保険:1日30分の訪問看護を週2回(月10回)

緊急対応ありの場合(料金は概算です)

1割負担4,941円、2割負担9,882円、3割負担14,823円

3.自費の利用:1時間9,500円+事務手数料5,000円

事務手数料は、月3時間以上利用すると0円になります

 

Status現在のサービス受付状況

*緊急対応及びターミナルケアの方を受け入れているため、お問い合わせの時に、空きがなくなっている場合もあります。
また、週単位で空き状況が変わっているので、その都度、お問い合わせいただけると幸いです。

2021年11月15日現在 

看護サービスの空き状況

午 前 
①入谷エリア      

下記対象の方が優先となります。
・緊急時訪問看護加算の対象者
・特別訪問看護指示が出ている方
(点滴や処置が毎日必要な方など)

②伊興エリア      
③鹿浜エリア      
④西新井エリア      
⑤江北エリア      
⑥西新井本町エリア      
⑦扇エリア      
⑧本木関原エリア      
⑨関原エリア      
⑩島根エリア      
⑪六月エリア      
午 後 
①入谷エリア        

下記対象の方が優先となります。
・緊急時訪問看護加算の対象者
・特別訪問看護指示が出ている方
(点滴や処置が毎日必要な方など)

②伊興エリア        
③鹿浜エリア        
④西新井エリア        
⑤江北エリア        
⑥西新井本町エリア        
⑦扇エリア        
⑧本木関原エリア        
⑨関原エリア        
⑩島根エリア        
⑪六月エリア        

◎:空きがあります。○:一部空きがあります。空白:利用開始まで期間に余裕がある場合は、ご相談受けさせていただきます。
時間帯に関しては、ご相談させてください。

 

リハサービスの空き状況

*利用開始まで、多少のお時間をいただく場合があります。

 午 前 祝・日
①入谷エリア      
②伊興エリア
③鹿浜エリア
④西新井エリア
⑤江北エリア
⑥西新井本町エリア
⑦扇エリア
⑧本木関原エリア
⑨関原エリア
⑩島根エリア
⑪六月エリア
 午 後 祝・日
①入谷エリア      
②伊興エリア
③鹿浜エリア
④西新井エリア
⑤江北エリア
⑥西新井本町エリア
⑦扇エリア
⑧本木関原エリア
⑨関原エリア
⑩島根エリア
⑪六月エリア  

◎:空きがあります。○:一部空きがあります。空白:利用開始まで期間に余裕がある場合は、ご相談受けさせていただきます。

足立区訪問エリア

エリア 住所
入谷エリア 入谷、舎人、古千谷、古千谷本町扇
伊興エリア 伊興、東伊興、伊興本町、西伊興、西竹の塚
鹿浜エリア 鹿浜、加賀、皿沼、谷在家、椿
西新井エリア 西新井、栗原
江北エリア 江北、堀之内
西新井本町エリア 西新井本町、西新井栄町
扇エリア 扇、興野、本木東町、本木西町、本木南町、本木北町
本木関原エリア 関原、本木
関原エリア 梅田2~8
島根エリア 梅島、中央本町1、島根
六月エリア 六月、東六月町、竹の塚

 

訪問看護ってどんな仕事?訪問看護師の仕事について徹底解説!

病気や障がいがあっても自分の家で暮らしたい、人生の最期は自宅が良いなど、昨今はこのような希望者が増えています。そんな時、頼りになるのが訪問看護です。障害がある方から高齢者まで、関係職種と協力ししながら個々に必要な支援を行います。ここでは、訪問看護の基礎知識についてお届けします。

訪問看護とは?

訪問看護というのは、看護師が利用者宅を訪問して、主治医の指示書に従って、診療の補助及びケアするサービスです。看護師は、病院やクリニックから出向く形ではなく、訪問看護事業所から訪問するのが通常です。仕事内容としては、健康状態確認・日常生活サポート・家族相談対応・医療ケア・病状悪化防止・認知症者看護・リハビリ・ターミナルケアなどが挙げられます。

訪問看護を行う際には、訪問看護指示書が必要で、特別ケアを要する際には特別訪問看護指示書・在宅患者訪問点滴注射指示書の書類交付もあります。これらの指示書に従い業務を行うのが訪問看護師です。訪問看護師の1日の流れですが、訪問看護ステーションを拠点に利用者の自宅へ直接に向かいます。訪問時間は、原則1回約30~60分となっており、約4~5件の自宅へ一日訪問します。地方では、カバーエリアが広く移動時間が長いことから、訪問が約3~4件の場合もあります。また、月末や月初では、報告書作成や請求業務などの事務作業が多くなるので残業もありますが、夜勤は無く勤務時間もちゃんとしているので、プライベートも比較的持ちやすいです。最近は、携帯での業務管理を行う所も多く、業務や働き方にも効率性や柔軟性が出てきています。

訪問看護師の持ち物や身なりとは?

服装に関しては、利用者宅へ訪問する際にナース服は着用しません。ナース服は病院の制服であり、また、看護師が訪問していることが近所に知れてしまうこともあり、着用しはしないのが原則です。訪問看護では、制服貸与の所もありますし、制服がない所はトップスはポロシャツやシャツ、ボトムはチノパンなどの動きやすいスタイルが決まりです。デニムNGです。胸元が広く開いたトップスや股下が浅いボトムは、相応しくないので避けて下さい。また、髪型は束ねて、爪は短く整えましょう。身だしなみは、清潔感やキチンと感が重要なポイントです。外見から信頼してもらえる身だしなみが大切です。また、持ち物に関しては、訪問看護で使用するバッグには、訪問看護における指定アイテムはもちろん、自分で使いやすいアイテムを持参している方もいます。主な持ち物としては、バイタルサイン・状態観察をする道具では聴診器、体温計、血圧計、パルスオキシメーター、ペンライト、メジャーなど、検査・処置をする道具では、採血セット、駆血帯、アルコール綿、医療用テープ、点滴セット、ビニール手袋、ガーゼ、包帯、爪切りセット、はさみ、消毒液、シャワーエプロン、ゴミ袋などがあげ。その他の道具には、感染対策グッズ、記録用紙、筆記用具、スリッパ、スマートフォン等の連絡機器、福祉カタログ・介護事業所リストなどが挙げられます。

訪問看護師で必要な資格・スキルとは?

訪問看護師は、看護師や准看護師の資格者が前提です。また、医療的ケア、日常生活支援、利用者や家族からの相談対応など、幅広く業務を行います。なので、臨床経験が約3年~5年程度は必要な場合が多いです。この条件を満たした方が、訪問看護ステーション、訪問看護を行っている病院やクリニックに所属し、訪問看護の仕事を行っています。ができます。しかし、昨今、訪問看護師を新卒で目指す若者が増加しており、臨床経験無しで勤務可能な職場もあります。独自の研修やOJTを積んで、経験の浅い看護師をフォローしている職場もあるようです。また、訪問看護師は、主治医、ケアマネジャー、リハビリ職というように、色々な職種の方との連携も大切なので、看護師の知識や経験はもちろん、関係者との円滑なコミュニケーションや柔軟な対応にも能力が求められます。他にも、訪問看護として専門性をアップさせるために、資格で訪問看護認定看護師やケアマネジャーを取得するのはおすすめです。訪問看護認定看護師は、訪問看護のスペシャリスト資格になるので、高度な知識を自分に身に付けられ、現場リーダーになれる可能性がアップします。また、ケアマネジャーは、介護分野の知識がより身に付くことで、より円滑な他職種連携や医療ニーズ把握に役立ちます。

訪問看護の給料相場とは?

一般的に、訪問看護師の年収というのは、事業所、都道府県、経験年数で差があります。しかし、夜勤を含めない常勤勤務であれば、約300~400万円程度が相場となります。月収にすると約25~40万円程度となります。事業所によっては、訪問看護も訪問件数で給料変動する場合もあるようです。看護師の全体平均年収と比較すると、訪問看護師の給料は少しやや低めになります。しかし、夜勤がないことや、勤務時間がきっちりしていることを考慮すると、比較的に高水準の給料といえます。

訪問看護師が活躍する場所とは?

訪問看護師の活躍場所には、基本的に、訪問看護ステーション、訪問看護を行っている病院・クリニックに所属するのが基本です。訪問看護を行う事業所数は、昨今、増えており、全国には約11000ヶ所もの訪問介護の活躍場があります。年々、病院やクリニック数は減少しているのですが、訪問看護に関してはそれを越す勢いで増加しています。この現状に比例するように、訪問看護利用者数も年々伸び続けています。また、需要増大の対応で、人材確保、人材育成、勤務環境改善などに取り組む都道府県もあります。そのため、今後はさらに訪問看護師が活躍できる場が増えていくことが予想されます。今までの看護経験を活かしながら、ワークライフバランスのある働き方として普及が進んでいくでしょう。

訪問看護師のやりがい・メリットとは?

訪問看護師というのは、基本的に一人で利用者の自宅へ訪問するので、業務に関しても1人で判断して実行することが多い仕事でもあります。なので、その分自分の責任は大きくなります。しかし、それ以上に訪問看護師のメリットは色々あります。具体的には、一人一人の利用者の方と密に関わることができる、夜勤が無く日勤メインの勤務体制、夜勤無しでも高収入を期待できる、土日休みが多いなどが挙げられます。訪問看護では、看護師は利用者の方の生活に寄り添いながら、多面的サポートを行ったり、利用者家族を交えて話し合ったり、密な関係の中で仕事を遂行していくことができます。また、看護師のように夜勤は無く、且つ、安定した収入を得られるので、ワークライフバランスが取れるのも嬉しいポイントです。そして、土日休みのも多い職種になるので、プラベートな時間も大切にできます。

まとめ

ここでは、訪問看護の基礎知識についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?訪問看護師の理解を深めることで、就職や転職の際にも選択肢が広がります。在宅医療ニーズが高まる現代では、訪問看護師が活躍できる場所が増えています。実際に、10年前と比較しても2倍以上増えており、今後も成長していくことが予測されています。この先、看護師としてのキャリアを考える際、病院以外の選択肢もオススメします。訪問看護の基本知識を把握し、職場選びの幅が広げてみましょう。

訪問看護師のメリットは?在宅医療の需要が高まるワケとは?

現在、75歳以上人口が加速度的に増え続けており、超高齢社会が到来しようとしています。今後、さらに拡大する高齢化によって、病を抱えながら生活する方が増加することが予測されています。ここでは、在宅医療の需要が高まるワケと訪問看護師のメリットについてお届けします。

在宅医療の需要が高まる理由について

年齢を重ねるにつれ、病院へ行くことが難しくなってきます。その理由は、高齢になって足腰の衰えや膝の痛みなど、こうした症状があると外出を避けるようになりますよね。また、高齢の方で車の運転免許証を返納している方、公共交通機関があまり発達していない地域の方、そのような状況であればなおさらではないでしょうか?そうすると、通院を要する際には、家族が病院の送り迎をしたり、付き添いをしたりしなければなりません。しかし、高齢世代の方も「若い世代に迷惑はかけられない」という気持ちをもっています。病院へ受診に行くことすら身体的・心理的にも本人の負担になるのです。また、高齢になってくると、臓器の衰えが進行して慢性疾患を複数抱える方も多くいます。病院での短期治療で回復することがあまり期待できない方は、悪化しないよう維持治療がメインになります。病院で治療できることも少ない場合、療養生活の過ごし方も重要になってきます。このように、在宅医療では、こうした高齢者の状況に合わせた、最適の医療の形といえます。

訪問看護師のメリットについて

訪問看護師のメリットには、主に3つのメリットが挙げられます。まず1つ目は、患者さんとじっくり関われることです。病棟勤務では、大勢の患者さんを看護する必要があります。しかし、訪問看護では1日に約4~5件程度の患者さん宅を訪問して看護します。患者さんやそのご家族としっかり関わりながら看護にあたることができるので、その部分は大きなやりがいを感じるところでもあります。そして2つ目は、在宅医療や地域医療のキャリアになることです。病棟業務とは違い、訪問看護では患者さんの生活シーンでのケアやサポートを行います。高齢化社会が進む中で、在宅医療や地域医療の需要は高まる一方なので、この分野でキャリアを積むことでは大きな強みになります。最後3つ目は、日勤のみで土日休みの働き方です。所属する勤務体制によりますが、日勤体制で土日休みの施設も多いです。なので、ワークライフバランスの取れた働き方が可能になります。また、訪問看護師は需要が高まる職種なので、好条件求人が多いことも嬉しいポイントです。

まとめ

ここでは、在宅医療の需要が高まるワケと訪問看護師のメリットについてお届けしてきましたが、いかがでしたか?現在、患者さんやそのご家族の希望で、高い確率で在宅医療を行うことが多くなっています。高齢者や要介護になった方が家で過ごすことを、サポートできるのが訪問看護師です。訪問看護師が行う在宅医療は、患者さんやその家族を支える医療といえます。

訪問看護師の現状とは?訪問看護と病院看護の違いって?

病院ナースから訪問ナースへ「働き方を替えよう」と思っている方はいませんか?訪問看護師は、ここ10年で倍増しており、追い風が吹く職業です。今後、さらに採用ニーズが拡大されることが予想されています。ここでは、訪問看護師の現状、訪問看護と病院看護の違いについてお届けします。

訪問看護師の現状について

昨今、訪問看護は増えており、約11000ヶ所働く場所があります。特に、2012年に診療報酬改定があったことで、訪問看護の評価が手厚くなり、訪問看護に参入する事業者が増えています。こうした訪問看護の職場が増えたことに比例して、働く看護職員も増えています。訪問看護の需要は、高齢化社会の現代において拡大を続けており、医療ニーズが高度化していること、複雑化していることも見過ごせません。また、医療保険対象者のがん末期の患者さん、人工呼吸器や医療機器を装着・使用している患者さん、以前は入院で医療・ケアを受けていた患者さんなども、在宅で医療を受けて過ごす機会が増えているのです。今は、病院から在宅への流れになっており、訪問看護師の門が大きく開かれています。今後、キャリアパスを考慮する上でも、医療政策の動向には注目したいところです。

訪問看護と病院看護の違いについて

病院と訪問看護では、当然ですが、場所が異なるため環境も設備も変わります。病院治療の良さは、緊急時に適切処置を受けられ、何かあった際に安心感や患者の心のケアに専念できます。一方、訪問看護では、患者さんが慣れ親しんだ場所で看護を受けられる良さがあります。心身の病で病院に行けない場合、訪問看護の方が患者さんの負担軽減にもなります。

また、看護の考え方が根本的に異なります。病院では治療目的の看護ですが、訪問看護では支援目的の看護になります。治療以外にも、生活に直結したサポートが行われるのが訪問介護です。具体的には、入浴補助、歩行訓練、場合によっては、精神的ケア、コミュニケーション補助、福祉用具のアドバイスなど、より快適に過ごすサポートも行われます。

病院看護の場合は、病院のチーム内で看護が行われますが、訪問看護の場合は、看護師と医師との連携、ケアマネジャー、保健医療福祉機関との連携などもが要します。また、訪問看護は、患者さんの家族との関係も大切で、連携をしっかり取りながら適切な看護が行われます。このように、訪問看護では、患者さんやその家族と密接に関わりながら業務を進める形態になります。治療よりも生活支援の意味合いが強い看護です。